当店の妊娠症例です。ご参考にしてください。妊娠力を高めるには、体質改善が大前提となります。

Y.Y.さん 32歳 女性 公務員 (大阪市北区) 漢方服用11ヵ月 体外受精

来店前

2010年06月 結婚

 

2014年春ごろから妊活スタート
同年09月 不妊クリニックへ
⇒ AMH0.97
⇒ 人工授精2回する
⇒ 体外受精をすることに(2015.10)

 

2015年10月17日 漢方の和歌ノ浦薬局へ

 

 

 

初回問診

  • 生理の量:減りつつある
  • 生理の質:水っぽい
  • 生理前:イライラする、落ち込む、ネガティブになる、泣く、倦怠感、眠気、朝起きるのがさらに辛くなる
  • 排卵期:オリモノが増えない

 

その他自覚症状

冷え性(金属のように冷たい)、寒がり、暑がり、汗かき、朝が弱い(体が鉛のように重い)、疲れやすく睡眠をとっても疲れがとれない、すぐに横になりたくなる、おっくう、心配事があると眠れなくなる、食後の眠気、食後の膨満感、痰がからむ、毎日ゆるい頭痛がある、月に数回酷い頭痛が起きる、肩こり、頻尿、背中の痛み、下腹部と鼠径部の痛み、気分の浮き沈みが激しい、白膩苔、裂紋(2ヵ所)

 

 

 

既往歴
子宮筋腫、不正出血

 

 

 

漢方薬

腎・肝・脾の働きが悪く、体に必要なものが不足し、かつ巡りも悪い状態だったので、これらを改善する漢方薬を選んだ。

 

 

 

漢方薬服用後

服用1ヵ月
・フル稼働で働ける時間が増加
・下腹部と鼠径部の痛みが軽減
・気分の浮き沈みの波が軽減
・痰の量が減る
・食後の眠気が消失
・生理前:眠気消失、イライラ軽減

 

 

 

服用2ヵ月
・予定通り採卵、1個採卵、1個受精、胚盤胞まで育つ(最高グレード)

 

 

 

服用2ヵ月20日
・生理前のイライラ消失
・食後の膨満感消失
・痰が出なくなる
・頭痛消失
・寝つきが良い
・朝は弱いが鉛のようにぐったりすることは無くなる、次の日も疲れが取れないということも無くなる
・肩凝り消失、背中の痛み消失、下腹部と鼠径部の痛み消失
・冷え性改善(1月5日)

 

 

 

服用3ヵ月
・採卵1個、胚盤胞まで育つ(最高グレードAA)

 

 

 

服用3ヵ月20日
・仕事が忙しいのと連続の採卵で心身ともに調子を崩す

 

 

 

服用5ヵ月
・採卵2個、1個だけ受精、胚盤胞まで育つ(グレードCB)

 

 

 

服用5ヵ月半
・疲れている、寝不足、頭痛復活、生理前のイライラ復活

 

 

 

 

服用6ヵ月半
・採卵1個、顕微授精、胚盤胞まで育つ(グレード4AA)

 

 

 

 

2016.05.26 仕事で海外へ行くことに。約半年間治療中断。この間も漢方薬は継続。

 

 

 

 

2016.10.14 1回目の移植で陽性反応(hCG600と充分)

 

 

 

 

2016.11.14 心拍の確認もでき順調。ここでまた海外へ行かれたので、そこからの経過は分からない。初期の段階でhCGが600もあったのでよっぽどのことが無い限り大丈夫だろうと思う。

 

 

 

投稿日:2017.09.011 文:三ツ川道洋